2007年8月の記事一覧

会議に使用したマインドマップ

dou.jpg

高校時代の同窓会の幹事をすることになり、
仲間4人で会議をしながらまとめたマップ。

予想をはるかに上回る人が同窓会に参加
してくれた。

このマップで一番役に立ったのは、
14年ぶりに開かれる同窓会において、
遠方に住んでいる同級生が、わざわざ地元に
帰ってくるための理由を考えるために、
コンセプトを考えることができたことにある。

コンサルティング

riha.jpg

某予備校のコンサルティングを依頼された時に
打ち合わせのために作成したマインドマップ。

クライアントの方が不思議そうな顔をして眺めていたが、
打ち合わせをする際、かなりの時間の節約になる

お申し込みありがとうございます。



お申し込みありがとうございました。

ご入力いただいたメールアドレスに確認のメールが届いておりますので
ご確認ください。

マインドマップセミナーの最大の魅力は、マインドマップを活用して、
自分自身の可能性に気づく努力を惜しまない仲間、
日常生活をより楽しくするための努力を惜しまない仲間、
常に向上心を持ち続ける仲間、
ビジネスの発展を願ってやまない仲間、
常にチャレンジし続けることのできる仲間、
そんな仲間に出会えること。

そして、そんな仲間達の書いたマインドマップを
お互いに参考にしながら、より本物のマインドマップを
知ることができることです。

講師として、そんな皆さんと時間を共有できること。
そして、
そんなみなさんの想いに触れることができるのは、
この上ない喜びです。

セミナー当日、皆さんにお会いできることを心から
楽しみにしています。

皆さんとの出会いに、感謝します。


杉浦 元重

受講規約

「マインドマップR基礎講座」受講規約

本受講規約(以下「本規約」という)には、ブザン・ワールドワイド・ジャパン株式会社(以下「ブザン・ワールドワイド・ジャパンブザン・ワールドワイド・ジャパン社」という)の許諾に基づき、貴方が受講申込を行った講座の講義を行う公認インストラクターが属する会社(以下「主催会社」という)が提供するマインドマップR基礎講座(以下「本講座」という)を受講するにあたっての貴方と主催会社との間の契約条件が規定されています。

第1条(本規約の範囲および変更)
1.第4条に基づく本講座の申込を主催会社が承諾した全ての受講者(以下「受講者」という)は、主催会社もしくはブザン・ワールドワイド・ジャパン社の運営するウェブサイト(以下「本サイト」という)上の本規約掲載画面の「同意する」ボタンをクリックすること、主催会社の指定する申込書に記名捺印すること、または、本講座へ参加することにより、本規約の内容を承諾したものとみなされます。
2.主催会社は、受講者に通知を行うことにより、本規約の変更又は本規約の細則その他本規約に基づき受講者に適用される規則もしくは条件(以下「細則」という)の制定をすることができるものとします。なお、ブザン・ワールドワイド・ジャパン社が受講者に適用されるものとして規則又は条件を本サイトに掲載した場合、その規則又は条件は、主催会社が受講者に通知した細則とみなして、主催会社と受講者の契約に適用します。但し、当該変更規定又は細則が通知された後に、受講者が主催会社の講座に参加した場合には、受講者は当該内容に同意したものとみなされ、当該変更規定および細則は、本規約の一部を構成するものとして、受講者に適用されます。

第2条(提供サービス)
主催会社は、受講者に対し、第3条で定める受講料金を対価として、本講座を通じて主催会社が別途定める講座内容によりマインドマップR基礎を教授するものとします。

第3条(受講料金等)
受講者は、主催会社が受講申込の承諾通知を受領後直ちに承諾通知記載の方法により、本サイト上その他で主催会社が掲示する受講料金表(以下、「受講料金表」という)に基づき算定される受講料金を支払うものとします。

第4条(本講座の申し込み)
1.本講座の受講希望者(以下「受講希望者」という)は、本サイト上に掲載する手続、または主催会社の定めるその他の手続に従って、受講の申込(以下「受講申込」という)を行ない、氏名・住所・電話番号その他主催会社の別途定める事項について、正確且つ最新の情報(以下「登録情報」という)を申込書その他に記載して提供するものとします。
2. 受講者が、本講座を勤務先等の所属団体(以下「所属団体」という)を通じて申し込む場合(以下、「団体申込」という)、所属団体と各受講者は、連帯して、本規約に基づく義務を負うものとします。

第5条(本講座受講申込の承諾)
1. 主催会社は、受講希望者に対して、受講料金の支払方法を電子メールにて通知し、主催会社が別途定める審査基準に基づく受講申込の審査の結果、受講申込を承諾しない場合には、受講希望者に対して、本講座の受講を承諾しない旨を通知するものとします。
2. 主催会社と受講者間の本講座の提供に係る契約(以下「本契約」という)は、受講料金全額の入金を確認したときに有効に成立し、受講希望者は、本規約の定めに従い受講者たる資格を取得するものとします。

第6条(登録情報の使用)
1.主催会社は、ブザン・ワールドワイド・ジャパン社のウェブサイトに掲載されるプライバシーポリシーに従い、登録情報および受講者が本講座を受講する過程において主催会社が知り得た情報(以下「受講者情報」という)を使用することができるものとします。ただし、プライバシーポリシーの適用においては、弊社を主催会社と読み替えるものとし、ビジネス・パートナーおよび共同利用者には、ブザン・ワールドワイド・ジャパン社を含むものとします。また、共同利用される個人データの項目には、受講履歴、成績およびログデータを含むものとします。
2.団体申込における受講者の所属団体が、別途主催会社およびブザン・ワールドワイド・ジャパン社の定める手続きに従って閲覧を請求した場合には、ブザン・ワールドワイド・ジャパン社が、当該所属団体に対し、その所属団体に属する各受講者の受講履歴、成績およびログデータならびにプライバシーポリシーにおいて共同利用される個人データの項目として定めた各事項を書面または電磁的方法により開示するものとします。

第7条(講義内容に対する権利)
1.マインドマップRその他本講座に含まれる一切のノウハウ、アイディア、手法その他の情報、本講座において提供される教材、書籍およびビデオその他一切の著作物、ならびに、マインドマップ、Maindmapその他本講座で使用される一切の名称および標章(以下併せて「講義内容」という)についてのノウハウ、著作権及び商標権その他一切の権利は全てブザン・ワールドワイド・ジャパン社または英国Buzan Organisation Ltd.社に帰属し、受講者は、これらの権利を侵害する行為を一切行ってはならないものとします。
2.受講者は、講義内容を自己の学習の目的にのみ使用するものとし、いかなる方法においても、受講者個人の私的利用の範囲外で使用し、コピープロテクトその他の技術的保護手段に用いられている信号の除去もしくは改変等を加え、または、第三者に対して、頒布、販売、譲渡、貸与、修正、翻訳、使用許諾等を行ってはならないものとします。
3. 受講者は、別途主催会社が明示的に許可する場合を除き、録音、録画、撮影その他いかなる方法または媒体を用いるかを問わず、講義内容を記録することはできないものとします。
4.受講者は、本講座の受講に際して、他の受講者から取得した一切の個人情報について、いかなる第三者にも開示または漏洩してはならないものとします。但し、主催会社およびブザン・ワールドワイド・ジャパン社は、受講者による他の受講者の個人情報の取扱に関して一切の責任を負わないものとします。
5.受講者が、前4項に反する行為を行なった場合、ブザン・ワールドワイド・ジャパン社が法令に基づき請求することのできる損害賠償額に加え、法令で許容される限度で、本講座の受講料金の15倍に相当する金額を上限として主催会社が相当と認める金額を違約罰として支払うものとします。

第8条(受講者資格の中断・取消)
1. 受講者が以下の項目に該当する場合、主催会社は、事前に通知することなく、直ちに本契約を解除し、当該受講者の受講者資格を停止または将来に向かって取り消すことができるものとします。
(1) 受講申込において、虚偽の申告を行ったことが判明した場合。
(2) 講座内容を適切に理解できない可能性がある場合その他主催会社が本講座の受講者としての適格性に欠けると判断した場合。
(3) 営利またはその準備を目的とした行為その他主催会社またはブザン・ワールドワイド・ジャパン社が別途禁止する行為を行った場合。
(4) 受講者に対する破産、民事再生その他倒産手続の申立てがあった場合または受講者が後見開始、保佐開始もしくは補助開始の審判を受けた場合。
(5) 本規約に違反した場合。
(6) 疾病、傷害その他の事由により、医師の診断または加療を要する状態であると主催会社が認めた場合。
(7) 本講座期間中に主催会社の定めたスケジュールに従って行動をしない場合。
(8) その他、受講者として不適切と主催会社が判断した場合。
2. 主催会社は、本条1項に該当する場合の外、受講者が本講座の進行の妨げになると判断した場合、退席を命じることができます。

第9条(講座の中止・中断および変更)
1. 主催会社は、本講座の運営上やむを得ない場合には、受講者に事前の通知なく、本講座の運営を中止・中断できるものとします。
2. 前項の場合には、主催会社は、本講座の中止または中断後10営業日以内に当該講座についての受講料金を返金します。但し、主催会社の責任は、支払済の受講料金の返金に限られるものとし、その他一切の責任を負いません。

第10条(解約)
1. 受講者は、振替前講座の開始日までに限り、いつでも、本サイト上に掲載する手続に従い主催会社に対し、主催会社の要求する書類を同封した返金依頼書を送付することにより、本契約を解約することができます。
2. 団体申込で受講申込を行った受講者のいずれかが、本項に基づき本契約の解約を通知した場合、解約した受講者についてのみ本契約が解約されたものとして取り扱います。
3.本条に基づく解約の場合、主催会社は、受講者に対し、解約通知の到達後14営業日以内に、所定の銀行振込み手数料を控除した受講料金全額を返還するものとします。但し、解約通知が振替前講座の開始日の10日前以降に到達した場合、主催会社は、返金額から主催会社の定める手数料(事務手数料:5250円)を控除することができるものとします。
4. 受講者が第5条に従い承諾を得た日時に開催される本講座の一部でも受講している場合は、第9条(解約)1項は適応されないものとします。
5. 本条に基づき解約がされた場合において、主催会社の責任は、本条に定める受講料金の返金に限られるものとし、その他一切の責任を負いません。

第11条(満足保証)
1.本講座の修了証書を受領した受講者が本講座の講義内容に満足しなかった場合、受講者は、本講座終了後60日間に限り、本サイト上に掲載する手続に従い主催会社に対し修了証書、本講座において受領した教材、書籍およびその他の配布資料、および、主催会社の要求するその他の書類を同封した返金依頼書を送付することにより、本契約を解除することができます。但し、受講者は、主催会社の定める手数料を支払うものとします。また、団体申込で受講申込を行った受講者については本条の適用はありません。
2. 前項の場合には、主催会社は、解除通知の到達後14営業日以内に当該講座についての受講料金を返金します。但し、主催会社の責任は、支払済の受講料金の返金に限られるものとし、その他一切の責任を負いません。

第12条(損害賠償)
1. 受講者が、本講座に起因または関連して、主催会社またはブザン・ワールドワイド・ジャパン社に対して損害を与えた場合、受講者は、一切の損害を補償するものとします。
2. 本講座に起因または関連して、受講者と他の受講者その他の第三者との間で紛争が発生した場合、受講者は、自己の費用と責任において、当該紛争を解決するとともに、主催会社およびブザン・ワールドワイド・ジャパン社に生じた一切の損害を補償するものとします。

第13条(保証)
本講座は、受講者が講義内容を習得することを保証するものではありません。

第14条(主催会社等の責任)
1.主催会社は、故意または重過失に基づく場合を除き、本講座または本規約に関連して受講者または第三者が被った特別損害(予見可能性の有無を問わない)、間接損害および逸失利益について何ら賠償責任を負わず、通常損害について、主催会社が当該受講者から現実に受領した受講料金の範囲内でのみ、損害賠償責任を負うものとします。
2.理由の如何を問わず、受講者が、主催会社または本講座の開催場所に物件を残置し、当該本講座終了後1ヶ月以内に主催会社の定める手続により返還を請求しなかった場合、主催会社は、受講者が当該物件に対する所有権その他の権利を放棄したものとみなして、これを任意に処分することができるものとし、当該物件に関して一切の責任を負わないものとします。

第15条(通知および同意の方法)
1. 主催会社から受講者への通知は、本規約に別に定めのある場合を除き、主催会社からの電子メールもしくは本サイト上の一般掲示またはその他主催会社が適当と認める方法により行なわれるものとします。
2. 前項の通知が電子メールで行なわれる場合には、登録情報として登録された電子メールアドレス宛への主催会社からの発信をもって通知が完了したものとみなします。
但し登録情報が正確もしくは最新でなかった場合には、主催会社からの通知が不到達となっても、本項に定める時点で到達したとみなされるものとします。
3. 本条1項の通知が本サイト上の一般掲示で行なわれる場合は、当該通知が本サイト上に掲示された時点(本サイトにアップロードされた時点)をもって受講者への通知が完了したものとみなします。
4. 主催会社は、上記いずれかの方法により受講者に通知を行なった場合、通知の完了後10日以内に受講者からの異議申し立てがないか、又は、通知完了後受講者が主催会社の講座に参加した場合には、その時点で受講者が同通知の内容に同意したものとみなします。

第16条(管轄)
本規約または本講座に関連する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。

付則 本規約は2007年5月1日より実施するものとします。

マインドマップ日本公式サイト

書籍をマインドマップで

070831_005931.jpg

『60分間・企業ダントツ化プロジェクト』(神田昌典氏 著)
をもとにマインドマップを作成。
コンサルティングをする時には必ず持ち歩いているマップ。

この本は、7回ほど読んだ。

いつもは、気に入った本は3回読むと決めている。

知識を吸収するだけだったら、1回読んで
マップにまとめれば十分。

しかし、私が好んで読む本は、知識の習得のための本よりも、
何か、新しい発想を生み出すために読むことが多い。

そのため、3回読む。

そして、3回読んだところで、マップにまとめる。

1回目、2回目、3回目・・・

毎回、頭の中に形成されるマップが異なるため、
自分が反応する場所、気づきを得られる場所が
異なる。

コーチング

co.jpg

コーチングについてまとめたマインドマップ。
この時は、発想を広げるためではなく、
知識を整理するために使用

英語の前置詞

on.jpg

前置詞の on について勉強した時のマインドマップ

勉強用マインドマップ

ecg.jpg

某医科大学にて、学生に不整脈授業を行った時の
マインドマップ。
100ページほどの内容を1枚の紙にまとめた。

五感についての勉強会

久保田競先生の勉強会

2007年8月18日。
京都大学名誉教授、医学博士の久保田先生の
勉強会に参加。

 *久保田先生は、官庁の依頼以外では、このような講演をされたことは
   ありません。

内容は、視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚の最新の
研究について。

今回は、機械受容器である触覚を中心とした授業。
fMRIの普及により、大脳辺縁系や前頭前野の働きなどが
少しずつ解明されてきたようです。

特に驚きだったのが、海馬。
神経細胞は再生しないというのが通説だったのですが、
増えることがわかっているそうです。

また、Area10のfrontal pole。
ここは、女性の方が発達しているというお話も
ただなんとなく、女性と男性の考え方の違いを
理解するのではなく、大脳生理学という学問から
見ても、大きな違いがあるというお話もあり、
学問に対する興味とともに、夫婦生活において
男と女の違いを理解した上で、接しないといけないと
考えさせられるお話でした。

といっても、まだまだ解明されていないことばかりの
脳。

現在解明されていることだけで、何かを決め付けることは
避けたいですね。

当日の授業中に作成したマインドマップ
070819_195657.jpg

久保田競先生
多数の著書を書かれておりますが、
「脳の探検」 講談社の監訳者です。
この本は、脳について分かりやすく書かれていますので、
一読をお勧めします。

中学校でのマインドマップ教室

【豊橋市中学校でのマインドマップ教室】

2007年8月8日。
豊橋市の中学校で中1?中3の生徒に対して、
マインドマップ教室を開催しました。

3時間以上の授業にも関わらず、
どれだけ休憩を促しても、
子供たちが延々とマインドマップを描き
続けていました。

当日は時間が余ったので、社会科の教科書を
マインドマップにしてもらったのですが、
指導していた私が、なるほどと思ってしまうような
マップを描いてくれました。

人が描いたマインドマップを見たりしていると、
ブロックが外れた瞬間を見ることができる。

そして、ブロックが外れた瞬間、
生き生きとした子供達の姿や笑顔を見ることが
できる。

講師として、この瞬間が一番たまらない。

作文教室

【マインドマップを使った作文教室】

2007年8月6日
碧南市日進小学校にて、夏休みに
マインドマップを使った作文教室を開催しました。

マインドマップを全く知らない子供たちが
マインドマップを使って、作文を書く準備をする。

子供たちの前で授業をさせていただくのは始めての
経験で、多くの学びがありました。

終了後、作文について私に指導していただいた
浅井先生から、子供たちの前で授業をするための
考え方などをお教えいただき、
普段、学校の先生方がそのようなすばらしい考え方を
もって授業に取り組んでいらっしゃることに感銘を
受けたと同時に、自分への課題をいただきました。